リポートでは、無線通信技術の「WiFi」や「Bluetooth(ブルートゥース)」などを利用して自動車のシステムを遠隔操作し、物理的な損害を与える攻撃に対する脆弱性を調査。

対象とした20車種のうち、クライスラーの「ジープ・チェロキー」2014年モデル、日産の「インフィニティQ50」2014年モデル、GMの「キャデラック・エスカレード」2015年モデルについて、危険性が最も高いとの結論を出した。

半面、最もハッキングに強い車種としてはイタリアのフィアットの「ダッジ・バイパー」、独フォルクスワーゲン(VW)の「アウディA8」、本田技研工業の「アコード」2014年モデルが選ばれた。

So there is evidence that the link is heritable — that genetic factors account for some of the correlation. But the correlation, like most of the correlations we encounter in social science research, was modest. As a result, says Arden, parents shouldn’t worry if their kids’ human figures look like armless blobs. The study captured a general trend, not a guide to the destiny of individual children.

“Drawing ability does not determine intelligence. There are countless factors, both genetic and environmental, which affect intelligence in later life.”

And here’s my point: One of the most important environmental factors affecting achievement is attitude. When people believe they lack some basic, unchangeable, innate ability, they stop trying to improve. They feel helpless in the face of failure, and shy away from challenges, lest they make embarrassing mistakes and advertise their inadequacies to the world.

(町山智浩)ものすごく不自然なんですよ(笑)。どういうこと!?って思うんですけど。そういうシーンの連続で。ロボット同士が戦っていると、いきなりビールをたくさん積んだ、ビールを運んでいるトラックが潰されるんですよ。ガシャーン!って。で、そこに主人公のマーク・ウォールバーグが行って、ビールを掴んで、ゴクゴクゴクッ!って美味そうに飲むんですよ。

(赤江珠緒)えっ?

(山里亮太)CMを中に入れちゃっているみたいな感じだ。

(赤江珠緒)戦闘中でしょ?

(町山智浩)これ、バドライト(BUD LIGHT)っていうバドワイザーのライトビールの広告が中に入ってるんですよ。すごいことになってるんですよ、この映画。

1960年代から80年代にかけて英国の研究者が旧ユーゴスラビアで行った追跡調査では、性格と死亡率には明らかに関係があった」(奥村教授)という。目的意識を持ち、それが達せられないときに自分が全部背負ってしまうまじめな人は、いちばん死亡率が高かった。

 うまくいかないと他人のせいにする人や、さっさと別のことに乗り換える移り気な人は、逆に死亡率が低い。この実験では、まじめな人に対して「うまくいかなくてもそんなに気にするな」と考え方を変える訓練をしたら、長生きすることもわかった。

虚栄心を捨て去りたい、と私が言うとき、またもやそれを単なる虚栄心から言おうとしているのでないとは言い切れない。私は虚栄心が強い。そして私の虚栄心が強い限り、より善くなりたいという私の願望も虚栄心に満ちている。そんなとき私は、自分の気に入っている虚栄心のない過去の誰々のようになりたいと思うのだが、すでに心の中で虚栄心を「捨て去る」ことから得られそうな利益を計算しているのだ。舞台に立っている限り、何をしようとも人は役者にすぎないのだ。

– 『ウィトゲンシュタイン宗教哲学日記』鬼界彰夫訳,講談社,2012,p. 92 (via 1443024)

(via 2011-11)

近代医学は、「症状」を「病気」と捉える誤った発想である。

だから、対症療法として薬物療法が主流になってしまったのである。


「症状」とは「病気」が治ろうとする「治癒反応」である。

だから薬物で「症状」を止めるほど「病気」は慢性化していく。つまり悪循環である。



これに対してカントンは、病気の原因を、生体的な素質の悪化にあるとして、

「症状」を「病気」が治ろうとする現れと捉えるのである。



近代医学は、パスツールを称賛し、カントンを黙殺した。




その理由は、

「ただの海水で、病気が治っては儲からない」
 からである。