hkTumblring

☻ queued by hkitago all day <3

April 24, 2014 at 3:50am
47 notes
Reblogged from taka3
taka3:

夜桜 by * Yumi * on Flickr.

taka3:

夜桜 by * Yumi * on Flickr.

(via rskswi)

2:53am
2,894 notes
Reblogged from atasinti

酔ったおっさんが「近頃の若者はけしからん 俺の若いころと全く変わってねぇ!」と怒ってたの
を見たことがある。これは感心した

— 

Twitter / くまきち

2010-09-26

(via enneinn, atasinti) (via usaginobike) (via gunsgun) (via ashzashwash) (via juspan) (via jesuisunechatte)

1:55am
293 notes
Reblogged from gkojax

数理会計の能力は才能であるため、世襲制ではうまく機能しなかった。
そのため、数学的能力を必要とされる分野から、世襲制は崩れていったのだ。幕末になると、有能な
農民、町人の子弟を武士の養子に迎えることが盛んになっていく。

これはヨーロッパでも同じで、軍の将校には貴族出身者でないとなれなかった。しかし砲兵、工兵は、
弾道計算、測量などの数学的能力が必要とされた。こういう分野では、平民出身者でも将校になれたのだ。
ナポレオンは一応貴族だったが、コルシカ島出身で差別されていた彼が、実力主義の砲兵将校を選んだのは
注目に値する。

幕末の動乱の中で、当主の息子は軍事会計のプロに成長していく。そして海軍の経理専門官に出世する。
家柄を鼻にかけた武士が没落していったのに比べて、あざやかな変身を遂げる。結局、藩を越えた技術を
身につけた者だけが、新しい時代に適応できたという、現代人の我々にも学ぶところの大きい話だ。

— 世界史から学んだことを呟くスレ:哲学ニュースnwk (via gkojax)

(via jesuisunechatte)

12:58am
622 notes
Reblogged from marucoxxx
marucoxxx:

09/2013 - Shinjuku,Tokyo,Japan

marucoxxx:

09/2013 - Shinjuku,Tokyo,Japan

(via jesuisunechatte)

April 23, 2014 at 11:03pm
577 notes
Reblogged from realemotionaltrashbox

僕の20歳は、「人生」っていうバンドをやりながら東京で一人暮らしをしてて、医療系の専門学校を中 退した年ですね。臨床検査技師の勉強をする学校だったんですけど、1年目の途中であんまり行かなくなって、2回目の1年生の夏に、ドラクエ のやり過ぎで辞めたんです。辞めたからといって地元の静岡に帰っても仕方ないし、仕送りを止められたので、バイトとバンド活動に明け暮れてました。あ、明 け暮れてはいないですね。バイトをそこそこやりながら、あとは遊んで暮らしてました。すいません、ちょっと自分を良く言おうとしちゃって。お恥ずかしい。

このころは幡ヶ谷のワンルームマンションに住んでました。いまもバンドを一緒にやっている(石野)卓球が笹塚に住んでいて、ちょうどその中間地点に練習ス タジオがあったんです。当時はインディーバンドブームで、僕らも雑誌に取り上げてもらったりして、幾ら か知名度はあるインディーバンドっていうようなポジションでしたかね。
仲の良い友達と始めたバンドだから面白かったですけど、僕は部活みたいな感覚でやってましたから、とうていそれで食っていくってことを思いつくはずもな く、とくに将来のことも考えずに基本毎日ぷらぷらしてたんです。夢中でガチャガチャをやり過ぎちゃったり、CDをジャケ買いして失敗したのが痛いとかで、 明日の晩ご飯代がないみたいなことはありましたけど、そういう無目的な若者でもなんとかやれる土壌があったというか、都市の遊びの部分に上手くハマってた んだと思いますけどね。

ただ21歳になるころ、インディブームからバンドブームみたいなものに変わっていって、僕らのバンドでやれることも飽和していたので、「人生」は解散した んです。
当時はちょうどテレビで深夜放送が始まったぐらいのころで、よくバンドのPVが流れてました。「人生」を辞めて僕はもうバンド活動はしないと思ってたか ら、それを見て、PVの監督になりたいなぁと思ったんですね。それで知り合いが紹介してくれて、バイトで四谷三丁目にある小さな映像制作会社に入ったんで す。



そこは、地方のCMや企業の宣伝用の映像とか、そんなにメジャーじゃないバンドのPVを作ったりする ような会社でした。20歳そこそこの小僧が見る世界としては、高価な機材とか目新しいものがいっぱいあるし、撮影の現場で「本番!」みたい な感じがすごく面白かったですね。ただ会社が小規模なので、現場に付く下っ端が僕一人しかいないんですね。教えてくれる人もいないのに、現場はどんどん進 んでいくわけですから、とにかくしんどかったです。辛くて泣きましたもん。夜中に帰って、当時一緒に住んでた彼女に「仕事が辛い」つって「うぇーん」って 泣いて、その45分後には「仕事行かなきゃ…」って言ってたりとかね。

そこで働き始めてしばらくしたら、卓球から連絡があって「こんど電気グルーヴっていうユニットを新しくや ろうと思うんだけど、お前もやんない?」みたいなことを言ってきたんです。なんでまた俺を誘うのかなと思ったんだけど、「良いよ。でもこれ は完全に趣味で、部活みたいにやっていこう」って言って、電気グルーヴの活動を始めたんです。
それで2回目か3回目のライブを見たソニーの人から声をかけられて、呼び出されて新宿の寿司屋に行ったら「君たち、プロでやる気はないの?」って言われた んです。そりゃ、やりますよね。だって、部活でお金くれるんですから。とは言っても、条件は月給10万円。ザッツオール(笑)。

ただこのとき、僕は、制作会社の人たちにはお世話になってるし、少人数の制作体制で自分が抜けることの意味が分かってました。かといって二足のわらじはと うていムリですから、最終的には上司に「こういう話があって、すごく迷ってるんです」って切り出したんですね。そうしたら、「若いんだから、絶対音楽の方 に行った方が良いよ」って背中を押してくれて、それでデビューすることに決めたんです。僕個人としては「どうせこんなバンド、ポシャるだろうから(笑)、 まあ、3年ぐらいプロのミュージシャンの世界を見てきても、いま21歳だから24歳。まだいけんな」っていうのでデビューしたみたいな感じでした。だから プロになったっていう自覚はあんまりなかったんですけどね。

すぐにレコーディングだってことで「マンチェスターとニューヨーク、どっちがいい?」って言われたんで す。「さすがソニー。金持ってんなぁ」みたいな感じでマンチェスターに行くことにしました。昔から好きだったニューウェーブとかギターポッ プみたいなものはマンチェスターのやつが多かったですからね。向こうに2ヶ月ぐらい滞在してファーストアルバムを作りました。当時「マッドチェスター」っ て言葉があって、マンチェスターが狂ってた時期の後半で面白かったですね。ライブを見たりクラブに行ったりすると、イギリス人にもゆるいやつとかメチャク チャなやつがいて、刺激はいっぱい受けましたね。まあ、こちらは21歳でなんも考えてないですからね。それはねぇ、そんなやつを自由にそういうところに行 かせたら、やっぱり何色かに染まりますよね(笑)。

電気グルーヴはふつうのバンドと違って、主要な旋律はだいたい機械が出してくれるわけですよ。だから練習よりは、ライブの日のテンションの方が大事だった りするタイプのバンドだったんです。僕は楽器をやるわけじゃなくて、たまにマイクを持ってがなったり、まあ歌ったり、歌を間違えたり、歌わなかったりとか もしますけど、ほとんどステージに出てフラフラしてるだけなんです。バンドって遊びの側面があるじゃな いですか。僕の感覚としては、その遊びみたいなことをずっと続けてるのに近かったんですけどね。まあ客の盛り上がり加減を見ては「今日はも うちょっともっていけたのにな」って思うことはあったけど(笑)。だいたい、僕を見てるとは思ってなかったですもん。みんな卓球とかを見てて、たまに見ら れてる箸休め的な感覚でやってましたから。

— ピエール瀧:優木まおみのぶっちゃけ大変でした! | NHK 週刊!ハタラキング (via realemotionaltrashbox) (via ricochet-) (via quote-over100notes-jp) (via gkojax) (via tra249) (via kimihito) (via pha)

10:05pm
85 notes
Reblogged from a2onaka

いったい「未来」とは、なんなのでしょうか?
未来とは、ただの自分の予定にしか過ぎないと僕は思います。
だから未来とは「いますぐ立てる楽しい予定」のことです。

恐れや不安から考える未来は、現実逃避であり、
楽しさの追求でしか、明るい未来は描けないと、僕は自身を振り返って
いつも感じます。

— http://theory.ne.jp/sample/takashiro.html (via a2onaka)

(via jesuisunechatte)

9:08pm
95 notes
Reblogged from nakano

「ああ、旅がしたい、旅がしたい」といった内容の事柄を、松尾芭蕉も「奥の細道」の冒頭で繰り返し述べた後、実際旅を開始しています

— 全てのしがらみをくぐり抜けて旅に出るための10の手順 : ライフハッカー[日本版] (via nakano)

(via jesuisunechatte)

8:09pm
551 notes
Reblogged from yanbe
yanbe:


Yfrog Image&#160;: yfrog.com/j3yclfj - Uploaded by yanbe
リファクタリング・ウェットウェア っていうオライリー本に書いてあった

yanbe:

Yfrog Image : yfrog.com/j3yclfj - Uploaded by yanbe

リファクタリング・ウェットウェア っていうオライリー本に書いてあった

(via yue)

7:58pm
124 notes
Reblogged from katoyuu

まず、前提条件に納得がいきませんでした。「60歳で定年」であったり「10年を大学1年に相当すると仮定する」ことであったり。販売職を否定するわけではありませんが、販売という仕事の本当の楽しさにたどり着くのに「努力」と「情熱」が必要だとしても、10年は長過ぎやしませんか?この変化の早い時代で、10年を費やす価値があるかはもっと早く判断する必要があるのではないでしょうか。私自身は、10年たたないと面白さがわからない仕事に価値はないと思います。下積みを重視する人は多いと思いますが、仕事が機械にとって代わられるこの時代で「下積み」が意味を成すことが減ってくるのは間違いないでしょう。面白さを知るのには、せいぜい1年もあれば十分ではないでしょうか。

— この変化の早い時代に、下積みに10年を費やすのは危険すぎる。 - ヘンテナブログ (via katoyuu)

(via yue)

7:12pm
4,104 notes
Reblogged from plasmatics-life
plasmatics:

Riding through spring by Aaron Choi

plasmatics:

Riding through spring by Aaron Choi

(via taku007)

6:15pm
43 notes
Reblogged from darylfranz
darylfranz:

マクドナルドに裏技! ケチャップやピクルスを増量できるようになったことが判明 - 痛いニュース(ノ∀`)

darylfranz:

マクドナルドに裏技! ケチャップやピクルスを増量できるようになったことが判明 - 痛いニュース(ノ∀`)

5:17pm
131 notes
Reblogged from aeonmagnus

(Source: priscillatr.deviantart.com, via yue)

4:19pm
207 notes
Reblogged from yellowblog
yellowblog:

Twitter / Salukis2: 俺のティガーが! …

yellowblog:

Twitter / Salukis2: 俺のティガーが! …

(via ak47)

3:22pm
375 notes
Reblogged from wingknights

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/04(火) 05:38:50.33 ID:T2hKea2jO
豚肉を塩胡椒で焼き、砂糖小1、水、醤油、マヨネーズを各大1の割合で投入

マヨネーズが溶けてトロリとしてきたら、キャベツの千切りを乗せたご飯の上に乗せる


1万円生活か何かで見た料理だけど、本当にウマイし簡単
ただしカロリー高めなので、そこら辺注意な。

— VIPPERな俺 : 超  簡  単  料  理  裏  技  レ  シ  ピ (via wingknights)

(via tiga)

2:24pm
130 notes
Reblogged from harvestheart
harvestheart:

Phone stands with personality

harvestheart:

Phone stands with personality

(via tiga)