ブンデスリーガの1〜3部リーグでは、スタジアムに警官隊や各クラブが配置するセキュリティスタッフがスタジアムに配備され、かつ人種差別に敏感なファンが多いため、スタジアムでの人種差別は起こりにくい状況になっている。しかし警察がほとんど関与せず、予算的にセキュリティスタッフを配置するのが難しい4部リーグ以下のアマチュアリーグでは、人種差別的な侮辱行為はいまなお日常茶飯事なのだ。

男への要求(仕事+家庭+子育て)水準が引き上げられるとともに、ハードルを超えられず「淘汰」される男が増加しているわけですが、女が「仕事+家庭+子供」のすべてを得られるようにしたことの反面です。多くの女と一部の男が「得た」一方で、無視できない数の男が「失った」ことになります。

「1944年夏、フランス解放と同時に「ナチの兵士と寝た女」たちの頭を
公衆の面前で丸刈りにするという事件がフランス全土で起きた。
頭皮に鈎十字のマークを入れられた母親たちは、フランス解放後、
国外追放や市民権剥奪の憂き目にあった。」
東屋: フランス・戦争の落とし子たちより
http://pics.livejournal.com/mi3ch/pic/004tw56q
http://pics.livejournal.com/mi3ch/pic/004trefx
http://www.geocities.jp/torikai0018/ImWarMu/IWMwomenEA_038917.jpg

また、ナチス敗北後、欧州全域でナチスやその協力者に対する激しい粛清が行われた。
特に憎悪の対象となったのが、自国民の中から出た対独協力者で、
多数の人間が群衆の面前でリンチされたり、絞首・銃殺により処刑された。
現在それらの様子をとらえた少なからぬ動画が残されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E9%96%8B%E5%87%A6%E5%88%91#….

ドイツ人兵士と性的関係を持ったとされたフランス人女性たちは、
1944年夏の解放時にフランスのほとんど全ての地域で、丸刈りという
暴力の標的となった。
第2節フランスの事例
フランスでは1944年夏の「解放期」に「性的な対独協力」をした
フランス人女性に対して、大規模に丸刈りが行なわれた。
解放の混乱に乗じて蜂起した、にわかレジスタンスとも言える人々で
構成される軍法会議や緊急軍法会議なるものの判決により、
およそ1万人が処刑された。
処刑された人々には無実の人々や対独協力者としては
小物であった人々も少なくなかった。略奪や行き過ぎた暴行も
相当な規模であった。丸刈りは、このような「法の外」で行われた
粛清の一つであった。
ただし、丸刈りの一部の被害者は、後で述べるように、丸刈りの後に
正規の粛清裁判にかけられ、男と同じように刑に服した。
1. 時代背景と目的
http://www.desk.c.u-tokyo.ac.jp/download/es_8_Hirase.pdf

上記のように、ドイツ兵士と交際した女性達は公衆の面前で「丸刈り」にされたあげく市内を引きまわされるという「晒し物」にされた。
その後殺されたり追放され(その後行き場は無いため悲惨な末路になったと思われる)たり市民権を剥奪されたりした。
なおフランスはドイツ占領下において意外にも平穏な生活を送っていた。
占領下パリの光景
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/75/3f/5058a8c12e46941930fca3a21…
話にあるようなレジスタンスの抵抗運動は無く、せいぜいごく小規模のものがある程度だった。
占領下フランスではドイツへの協力は当然のことであり、多かれ少なかれフランス人は協力していたと言っても良い。
フランス在住のユダヤ人は捕えられ(多くはフランス人による密告である)財産を没収されドイツの収容所へと送られた。
このユダヤ人虐殺への協力行為をフランスが謝罪したことは無い。
占領が終わると自分達が協力者ではなく占領の被害者であることをアピールするために、ドイツ人と交際していた女性やドイツ軍のために働かされていた人がスケープゴートにされたと言える。
戦後フランスはちゃっかりと戦勝国に名を連ねている。

世界で食道がんを多い国をつなげると、ベルト状になることから「食道がんベルト」という名が付いている。中東アジア、中国、韓国、日本などがそれとなる。

(1)はちみつ

お年寄りは「体にいいから」と食べさせがちなので、要注意。今はちみつは1歳前には食べさせてはいけないとされています。

(2)さ湯

飲まさなくていいとされています。母乳で十分です。

(3)ベビーパウダー

汗腺をふさぐので必要はないとされています。

(4)歩行器・おしゃぶり

これらは、使わなくてもいいとされています。今は、歩くのが遅くなったり、出っ歯になったりするので推奨されていないのです。

(5)離乳食

あまり早くから始めるとアレルギーの原因にも……。

(6)果汁

今、4~5か月で与えるのはよくないとされています。8~9ヶ月から野菜から始めるといいとされています。

(7)うつぶせ寝

これも昔の人はあまり知りません。乳児突然死症候群の原因になる可能性もあるので、あおむけに寝かせましょう。

(8)大人が噛み砕いた離乳食

虫歯菌を移すことになるので与えてはなりません。また、ピロリ菌がこの時期に口移しにより感染し、将来胃癌の要因になる場合も……!

「回転寿司の皿は右から左へ流れているから、多くの人が手に取るんだ」という意味不明な仮説があり、VTRがそれに丸ごと乗っかった構成になっていたのです。私は実験の実況アナウンサーを担当したのですが、まったく仮説通りにいかない。1~2時間たってイラついてきたディレクターから「これを読め!」と原稿を投げつけられて、「これはすごい! 右から流れているほうが、如実に多くの人が取っていますね~」と実況しました。1日中ロケをやって、そこしか使われませんでした。『あるある大事典』は、もともとそういう制作陣でつくられていた番組だと捉えるしかありませんでした。